放射能の混入防止が徹底されているウォーターサーバー「Mizの樹」

ミネラルウォーターサーバー 2011年3月、日本中のみならず世界をも揺るがした福島原発事故。
従来の原発事故が放出する放射性物質には、ミネラルウォーターの法的規制検査はありません。
原発事故が起こったからと言って何ら対策がされてないのが現状です。
従来のポンプ式ウォーターサーバーでは空気中に含まれる汚染物質も酸素と一緒に混入するのが心配ですが、「水の樹」が採用しているのは「真空パック水容器」方式。
大きな口を開けたボトル水容器口がないので、拭き取りの出来ないサーバーの口の汚染を気にかける必要はありません。

詳細はこちらから こちら Mizの樹

不安な放射能汚染物質検査を福島県で実施

ミネラルウォーターサーバー これまでに日本に輸入されているウォーターサーバーは、ボコボコと空気がサーバー内に入るタイプでした。
これは空気と一緒に細菌や汚染物質もサーバー内に混入しているということになります。
その細菌よりもはるかに小さい「超微粒子」である 放射能汚染物質。
Mizの樹の11年間の研究開発の成果を結集し新しく放射能汚染物質に対応したサーバーを開発致しました。
さらに福島原発にほど近い福島県飯館村において放射能汚染物質の検査試験を実施。
サーバー内の水からみごとに放射線汚染物質の検出はされなかったという実績を打ち立てました。

タンク式と真空パックの水容器の違い

ミネラルウォーターサーバー 従来、日本に輸入されているウォーターサーバーは、ボコボコと空気がサーバー内に入るタンク式タイプでした。
これは空気中の酸素と一緒に細菌や汚染物質もサーバー内に混入しているということを意味しています。
「Mizの樹」ではなんと原発事故のあった福島県飯館村に新開発のサーバーおよび他社タンク式サーバーを持ち込んで調査、他社タンク式からは放射性セシウムが検出されているにもかかわらず、真空式である「水の樹」ウォーターサーバー内の水からは放射線汚染物質は検出されないという検査結果を打ち立てました。

Mizの樹EcoP2 ウォーターサーバー放射能測定結果ヨウ素-131 セシウム-134 セシウム-137 いずれもND(検出されず)(検査場所 計画的避難地域、福島県相馬郡飯館村)ウォーターサーバー 「Eco P2」 Made in JapanMizの樹は、日本で唯一 ウォーターサーバーを日本で開発し、日本で製造を行うメーカーです。
"細菌汚染" だけでなく "放射能汚染物質" も防止しました!お客様の声を形に!便利な収納棚つき。
10リットルは重さを感じない手さげバック初!台車でラクラク20リットルは台車で運んでそのまま挿入できます。
冷水・温水 温度調節付き節約モード付き。
Mizの樹の安心 「空水容器の真空パック」 「熱湯の循環洗浄器」 「安心の証明書」 使ってみてわかりました。
ミネラルウォーターの安全性、その「最低条件」とも言える[水の安全の証明書]を出せないウォーターサーバーが数多く存在することも知りました。
・お客様が使用されるミネラルウォーターの "一般細菌試験の検査書" と "放射能測定結果書"の確認です。
・特に、赤ちゃんのミルクにご使用されるお母さまは最重要項目です、必ずご確認ください。
飲料水には一般細菌検査と大腸菌検査は必要不可欠な検査項目です。
Mizの樹では、7つのこだわりで お客様に「安心と安全」をお届けしています。
安心の証明書付き熱洗浄装置付き真空・密閉・吸引式環境ホルモン溶出素材対応安心の証明メンテナンス放射能汚染物質の混入防止低重心の安定性お子様の火傷対策地震対策・安全ブレーカー電気安全法PSE適合商品レンタル料も送料も無料電気代は半額10個で1個サービス追加分 最大で43%の値引メンテナンスは無料重たい水容器は台車で楽々温水・冷水はダイヤル調整コップなどが入る余裕の収納庫扉の色は7色から選べますモーター音や震動もなく静粛性CO 2の排出を「半減」温暖化ガス排出を「0」段ボール排出を「0」二つの天然水から選べます特別な「ラドン泉天然水」「阿蘇山のバナジウム天然水」

Copyright © 放射能の混入防止が徹底されているウォーターサーバー「Mizの樹」 All rights reserved